太陽光発電システム

『太陽光発電の新たな買取制度』について

  • 家庭の太陽光発電で余った電力を電力会社に1KWhあたり42円で売ることができます。
  • この価格は今までの約2倍。
  • 太陽光発電システム導入に掛かる費用も約10年〜15年で回収できるようになりました。

 

【太陽光発電システムとは】

太陽電池は半導体の一種で、光エネルギーを直接電気に変えます。そして、太陽光を受けている間だけ電気を発生する太陽光発電装置です。この技術は1954年に米国で発明されました。

その後、人工衛星に搭載されたりなどしてきましたが、 これまでの技術開発により、光から電気にかえる効率(変換効率)が向上し、コストも下がってきたため、一般家庭用の電源としても普及し始めました。

太陽電池は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素や有害な排気ガスを出さず、太陽がある限り発電をし続ける、全くクリーンな発電装置です。

太陽光発電システムのしくみ

★完全自動運転 + 余った電気は自動的に売電

太陽光発電01_705px.jpg

 

【太陽光発電のメリット】

光熱費大幅削減

太陽光発電とオール電化を組み合わせれば、発電した電気をさらに有効に使え、大幅な光熱費の削減が期待できる。年間で約73%削減可能。

太陽光発電02_705px.gif

電力会社への売電

発電した電気は家庭で使用し、余った電気は電力会社へ売電できる。

省エネ意識が高まる

モニターで発電状況や消費電力が分かり、節電意識が高まります。

災害時にも活用できる

災害で停電になった場合でも、発電した電気を非常用電源として使用できます。

 

【天候別の発電パターン】

太陽光発電03_705px.gif